完成見学会をして施主にメリットはあるの?

完成見学会をする?しない?

新築すると、施工業者から完成見学会をお願いされます。完成見学会をしてもらった方が宣伝にもなるので、ハウスメーカー(施工業者)は助かります。新築やリフォームを検討中のお客さんも参考にできて助かります。

施工業者によくしてもらったという理由でで完成見学会をする施主もいます。完成見学会をすると、みられることを意識してより丁寧に家をつくってもらえるというのもあるようですが、そこまで極端には変わらないかと思います。

完成見学会をしたらメリットはある?

完成見学会をすると値引きやグレードアップがあることもあるようですが、ちょっとしたものをもらうのがほとんどで謝礼はあまり期待できないようです。

我が家の場合は、大工さんが混みあっているということで、契約から引き渡しまで半年ほどかかりました。設計にこだわるようならもっと期間が必要かもしれませんが、そうでないならば一般的な住宅であれば短い期間で建ちます。引き渡し後、すぐに引越をしたかったので、早めに家ができるのであれば完成見学会をしてもいいということで話をしていましたが、結局引っ越しまでの日数がなかったので完成見学会はお断りしました。その際とくに値引きや謝礼の話もなかったので、おそらくイシカワでは大したお礼はないと思います。ローコスト住宅でもともと安いですし・・・

気になる方は聞いてみると良いでしょう。

賃貸のときは完成見学会をすることで費用が発生する場合がある

賃貸によっては家賃が日割りになることもあります。たしかアパートの家賃が最後の一ヵ月が日割りでした。公共料金や通信料も日割りのものがあったような気がします。

もし完成見学会をしていたら、引っ越しも遅くなり、住めるのが一週間ほど遅れていたかもしれないですし、そうするとその分の家賃を支払わなければなりません。余裕を持っていたならば一週間くらいどうってことないかもしれませんが、ちょうどGWの連休中にどうしても引越作業を終わらせたかったので、そこに間に合うようにしました。しかし、GWのような大型連休は引っ越しをしやすい時期でもあり、引っ越し費用は安くありません。

しかし、完成見学会をする予定を立てたことで工期が延びにくくなるということもあるようです。完成見学会はよく行われていますし、個人的には完成見学会をする人は心が広い人だと思います。もし、特に急ぐようなことがなければ完成見学会をしてから、繁忙期をさけて引越しをしたほうが良いでしょう。