前面道路の広い土地は高い

道路幅は重要

売地情報を久しぶりにみていると、敷地面積が同じで近い場所であったとしても、前面道路が広いかそうでないかでだいぶ土地価格が違います。車が通れないような道の奥にある家や袋小路の奥にあって出入り口は車一台分という家もありますが、そういう土地は安いです。

車が通れないようなところに住むと、車が入ってこれる近くの駐車場を借りないといけません。毎月駐車場代として何千円かが必要になり、それはずっと続くので、長い目で見たら車が出入りできて自分の敷地に駐車スペースがあったほうが良いですね。

前面の道路幅が広ければ駐車の際の切り替えしもスムーズにできます。

イシカワイラスト

道路が広いとすれ違いがスムーズ

幅が広い道路は対向車とすれ違うときにもラクです。車二台がすれ違うのがギリギリという道路では運転に神経を使いますし、普段はそれほど苦にならないすれ違いも雪道だとさらに狭くなり大変です。一台分しか通れないような道路で対向車と鉢合わせしてしまったら、どちらかが後ろに下がらなくてはいけません。バックは危険ですし、時間もかかります。道路幅は広いと時間にも心にもゆとりが生まれます。