子供のいたずらでベランダに締め出される

ベランダに閉じ込められないように注意

ベランダで洗濯物を干している間に子供が家の中からカギをして、そのままベランダに締め出されることがあります。すぐに鍵を開けてくれたら問題はないのですが、鍵の開け方がわからなかったり、パニックになってしまって開けられなかったり・・・と鍵を開けられずに大騒ぎになってしまうこともあります。

一階ならばベランダの柵をのりこえて玄関に行くこともできますが、玄関の鍵をかけていたら外から中に入れません。ポケットに携帯電話を持っていたとしても合鍵を持っている人が仕事だったり、遠くにいたりしたら助けを呼ぶことは難しいです。夫の帰宅を待つにしても子供を家の中に長時間放置して過ごすのも心配です。

いたずらで鍵を閉めることもある

先日、二階のベランダで洗濯物を干していたら子供が窓をバンっと閉めて「カギする!」と言い出したのでビックリしてすぐに窓を開けてカギをさせないようにしました。掃き出し窓の鍵のかけ方を教えたことはありませんが、みていて覚えたようです。大人のしていることをなんでも真似したがり、自分でやらなくては気が済まないので、鍵がかけられなかったことが気に食わず大声で泣きわめきます。うるさいし「鍵をかけた後どうするんだろう?」とその後の行動が気になったのでベランダでつながっている寝室の窓の鍵をあけてから、わざと廊下の窓の鍵をかけさせてあげました。すると、満足して「鍵あけて」という呼びかけを無視して笑顔で階段を降りていきました。しばらく待ってましたが、一向に戻って来る気配はありません。仕方がないので寝室の窓から入って一階のリビングへ行ってみると、お絵描きをして遊んでいました。お母さんがいないことはまったく気にしておらず、来たことにも驚いていませんでした。たぶん遊ぶのに飽きていなかったら泣き出すんだと思いますが・・・

鍵をかけられないように対策

カギをかけられないようにするために突っ張り棒を使用したり、窓に洗濯ばさみを挟んだりする方法があります。ベランダと他の部屋がつながっているのであればその部屋の鍵を開けておくようにするのも良いですね。ベランダに一緒に出て洗濯物を干すと閉められる心配はないですが、気分で部屋の中に入ったりするので毎回一緒に出てくれるかはわかりません。

万が一のときに避難はしごを用意しておくのもいいです。万が一に備えていてまだ出番はありませんが、もし本当に締め出されていたらこれを使ったかもしれません。ちなみに避難はしごは降ろすときに窓にあたると割れてしまう恐れがあるので余裕があるときは窓を避けるように降ろしたほうが良いようです。