土地を買う際の契約・手付金について

土地の契約

土地の仮申し込みの際に不動産会社の訪問があり、簡単な書類に記入しましたが、その後、不動産会社に行き正式な土地の仮契約を結びました。銀行のローンの申込用紙と印鑑、本人確認書類を持参し、書類に記名押印しました。

その後、今度は売り主と対面して本契約を交わしました。通常はこの売買契約締結時に手付金というものが発生します。手付金は安全措置といわれているもので買主が土地を買うのを簡単にやめられなくするためのものです。

「やっぱり土地購入をやめる」となったとき、買主が契約していた期間、売り主も不動産会社も他に買いたい人が現れても断わらなくてはならないし、両者とも当然早く売りたいと考えているのでリスクがあります。

手付金には種類があり、解約手付がよく不動産契約であるもので、万が一契約を解除した場合に手付金は売り主のものになるというものです。手付金は解約手付以外にも種類があるようです。

手付金の相場

手付金の相場は一般的に5%~10%と言われています。1,000万円の土地だったら、50万~100万円となるわけですから高額ですね。頭金がほとんどない方にとっては工面するのが大変な金額です。土地の契約では手付金以外にも契約書に貼る印紙が必要になりますし、建物の契約時にハウスメーカーにも手付金が要りますので、手元のお金は余裕を持っておくと安心です。

ちなみに契約が成立さえすれば手付金は土地代金に充てられますので損することはありません。

ローンの審査に落ちた場合の手付金

ローンがおりず契約をキャンセルすることになって、支払った手付金が返ってこないことになったら大変です。一般的に融資をうける人はローンがとおらなければ代金を支払うことが不可能になるのですから、手付金は返金されます。しかしながら、念のためローンの本審査がとおらなれば手付金は買主に返還されるというローン特約があることを確認しておくと安心ですね。

ちなみに私たちは手付金ゼロで契約しました。手元にほとんどお金がなくローンで土地代をお支払いするという話をすると、不動産会社と売り主がたまたま良心的だったので「手付金あれば一番いいですが、なければあとで構いませんよ」と信用して言ってくれました。このように手付金なしでの契約は稀なケースです。