玄関を開けるときはドアガードで防犯対策

ドアチェーンやドアガード

玄関ドアのドアチェーンやドアガードがついていれば、ひっかけたりボタンを押せば少しだけ開いてロックします。そうすれば少しの隙間しか開かないので強盗や押し売りの対策になります。また、ドアが少ししか開かないことで家の中が丸見えにならずプライバシーも守れます。換気するのにドアガードをかけて開けるという使い方もあります。

玄関にはテレビドアホンがついています。新しい住宅ではテレビドアホンついていることが多いですよね。家の中にいながら映像がみれて話もできます。玄関ドアにのぞき穴(ドアスコープ)がついていると逆に覗かれてしまうという危険性もあるためか玄関ドアにはドアスコープはついていません。詳しくは玄関の覗き穴が防犯上良くない

訪問があったときには、まずテレビドアホンで応対するのが良いですが、ドアを開けようと思うときは念のためドアガードをするのが安全です。

doagard

ドアガードは完璧に防げるものではありませんが、それでもつけてないよりは安心ですね。

以前、アパートで引っ越しのあいさつに行ったときに男性の一人暮らしの方がドアチェーンをかけて対応されていました。今まで仕事でチラシ配りをしていたとき、ドアガードやチェーンをかけている家をみなかったので珍しく思いましたが、知らない人に警戒心を持つことは重要ですね。

私もついドアガードがついていても使わないでいますが、テレビドアホンで対応した後にこのドアガードを使ってドアを開けるのが防犯対策としては良い方法です。