扉が掘り込みの玄関収納

掘り込みのよさ

掘り込みの収納扉だと突起がないので不注意でぶつかってケガをすることもありません。
見た目もスッキリしてますし、木だったら金属を使用した取っ手とは違ってナチュラルな雰囲気になります。

hori_1

取っ手の扉は長年使用していると、取っ手部分がガタガタしたり取れてしまうこともあります。

これは実家の玄関収納の写真です。クローゼットは取っ手ありにしていましたが、下駄箱だけは掘り込みにしていました。よろけたりして取っ手にぶつかる可能性もあるので玄関だけ掘り込みの扉にするのも良いですね。

hori_2

右の扉はこのようにくぼみがあります。

hori_3

左の扉は正面からもみえるように右ほどくぼんでいないのでいません。

二つの扉の真ん中がちょうど指をいれて開きやすいような加工がされています。

hori_4

この玄関収納のメーカーは不明なのですが、扉が軽くて開けやすいです。
小さな工務店で家を建てると一つ一つどこのメーカーだという資料を施主の手元に残すことはしないようです。いらないと言ったのかもしれませんが・・・

我が家のクローゼットはすべて取っ手付きです。
詳しくはクローゼットの扉は使いやすさ重視で取っ手ありに

この玄関収納は開けやすいと思いましたが、掘り込みは開けにくく感じることもあるので、できればショールームなどで実物に触れてみるのをお勧めします。