玄関の鍵を開けて出ていく二・三歳児

玄関から出ていく子供に注意

まだ一人で外出するには早い小さい子が勝手に玄関のドアを開けて家の外に出ていったらとても危険です。「玄関は鍵をかけているから大丈夫」と安心していたら大間違いで、鍵をかけているのに出ていく子はいます。鍵に手が届くようになる二・三歳児が多いようです。

小さいうちはまだ車に気を付けて歩くということができず、道路に飛び出す危険性が十分あります。うちの子も道路に飛び出そうとしたことが何度もあり、手をつないでいないと危ない。

我が家の玄関のドアは・・・

tojimari

ドアハンドルがあるので、上のカギにはかろうじてまだ手が届かないのですが・・・踏み台を使えば届きます。鍵は回せるので、開けようと思ったら勝手に出ていきそうです。玄関ドアはある程度重みがありますが、力もついているんで自分で出入りできます。

外に行きたがることはあっても、まだ鍵を開けることまでしませんが、ゴミ捨てなどで外に出た時、追いかけてきそうでこわいですね。

先日、実家でばあちゃんを追いかけてカギを開けて出ていきました。玄関ドアの作りは全く違いますが、ドアも重たいのによく開けるものです。道路に出なかったからよかったものの、車通りが少ない道であっても、たまたま車が通っているときに飛び出したら事故に遭ってしまいます。今後はよく様子をみていないといけません。