軽自動車でもスライドドアの車が安全

スライドドアの車がおすすめ

車を購入するときに子供がいるならとスライドドアを勧められたのですが、スライドドアの軽自動車は今の車よりも10万円ほど高いものでしたので、普通のドアの車にしてしまいました。これが失敗でした。

ドアを開けるときに常に隣の車のドアにぶつけないように気を付ける必要があります。ドアロックをかけているため、子供が自分一人で開けることはできないので、勢いよく開けてぶつけることはないのですが、チャイルドシートに乗せるときや、降ろすときにどうしても両手がドアから離れてしまいます。そんな無防備なときに風が吹いたら他の車にぶつかってしまうので、なるべく隣との距離をとれるように意識して駐車しています。強風の日はわざと入口付近ではなく空いているところにとめます。ちなみにドアロックをかけるきっかけとなったのは、子供が自分でドアを開けるようになったからです。窓も走行中でも開けてしまうのでロックをかけています。

先日、子供をチャイルドシートに乗せてベルトを締めようとしているときに強風が吹き、自分の脚がドアに挟まれて痛いおもいをしました。大したことはないので良かったのですが、挟まったのが子供の指だったりと考えるとおそろしいですね。風向きによって、開くこともあれば、閉まることもあるので両方とも危険です。

これがスライドドアだったら、強風に煽られる心配がありません。

子育て世代はスライドドアを選ぶ人が多い

実際、自分のまわりでは軽自動車に乗っているママさんが多いのですが、ほとんどがスライドドアを選んでいます。
今の車は10年ほど乗るつもりですし、長い付き合いとなります。大抵の人にとって車は住宅の次に高い買い物ですので、車選びも慎重になる必要がありますね。