Panasonicの布団乾燥機を購入

※ 当ブログでは広告を表示しています

布団乾燥機であたたかく清潔な布団

布団乾燥機は外に布団が干せないときにも50度以上の温風が出るのでダニ対策になります。

冬や天候の悪い時だけでなく花粉や黄砂などで外に布団を干さなかったり、布団が重たくて干せない家庭では布団乾燥機を使っています。

布団乾燥機は外干しできないとき以外にも寝る前に布団をあたためるとあたたかくて心地よく就寝でき冬に使う人が多いため、冬に大々的に売っていますが年中使える家電です。

Panasonicのマットなしで手軽な布団乾燥機

布団乾燥機

futon_dryer_1

夏モードと冬モードがあり冬を選ぶと温風が出てきます。

夏は冬の温風乾燥の後に送風で熱気を取り除いてカラッと快適にしてくれるモードになります。

futon_dryer_2

上の部分は持ち手にみえますがホースをひき出すときの持ち手で乾燥機自体を動かすときは本体を両手で持ち上げます。

こちらから温風が出てきます。

futon_dryer_3

ホースは一つです。

futon_dryer_4

コードが収納できるのもスッキリしていいですね。ここにはフタがついています。

futon_dryer_5

重たいものだと使うのが億劫になってしまいますがこちらは3.2キロと軽いので冬なら毎日でも使いたくなります。

想像していたより音も静かでした。

マットありタイプもあります。

マットを布団の下に敷くのが大変だという方にはこちらの差し込むだけのマットなしタイプがおすすめです。


子供のおねしょなどで拭き取って湿った状態のときがたまにあるので、ずっと布団乾燥機が欲しいと思っていたところ展示品の処分で8,000円で売られていたので購入しました。家電で衝動買いをしたのは初めてかも。

今年のヨドバシカメラの布団乾燥機の夢も応募していましたが残念ながら外れてしまって買わないまま春になっていました。

お気にいりに入れて買うのを迷っていたのはアイリスオーヤマの布団乾燥機カラリエです。



Panasonicは買うつもりがなかったのですが、価格が安かったのと実物をみてみたらとてもコンパクトで軽くて持ち運びしやすいのでつい買ってしまいました。

中古や処分品を購入するときは〇年製もみる

購入する前に相場はネットで調べましたが、何年製のものかを確認するのをすっかり忘れていました。

当たり前のことですが同じ型でも新しいものの方が良いです。

使わないうちに劣化してしまうものもありますし、あまり古いものだと故障した時に部品があればそれだけ変えれば済むのにメーカーに在庫がなくて買い替えになることがあります。

確認不足で購入した布団乾燥機でしたが22年製でそれほど古いものではなかったので安心しました。

今後使ってみてまた感想を書きたいと思います。