トリがとまる電線は糞が落ちているかも

土地を選ぶときには上も見上げてみる

家の敷地内、またすぐそばに電信柱があり、電線がたくさんはしっていると、鳥がとまるかもしれません。鳥は飛び立つときにをします。鳥がたくさんとまる場所の下には当然糞も落ちるのです。

引越をしてしばらくすると、よく車に鳥の糞がついているのに気づきました新しいコンクリートにも糞が落ちています。
しばらく立て続けに糞がついていましたが、その後なくなったのでたまたまだったかもしれません。ですが、確かに家の前には電信柱があります。

この配線のところに鳥がとまるのでは・・・?と思いました。

densen

電信柱は車の止めずらさだけを気にしていて、まさか鳥の糞のことまで考えていませんでした。

木にも鳥がくる

大きな木のある場所にも注意が必要です。鳥がたくさん集まる木というのもあります。
夕方に鳥が集団で一斉に移動する姿をみたことはありませんか?
町中でしたが、鳥たちの通り道だったようで車でその下を走っているとやはり糞が落ちてきました。別の日にも鳥の大移動を目にしたので、そこはどうやら毎日鳥が飛び交う場所のようです。
その時、鳴き声も響いてうるさく、これが毎日かと思うと辛いものがあります。土地を選ぶ際は多くの鳥が通る場所かどうかも確かめておくといいですね。

対策方法

電線の鳥の糞の被害については、管轄している電力会社へ連絡すると対策をしてくれるようです。鳥がとまらないようなトゲのついた電線もあります。

ひどい場合は相談してみると問題が解決するかもしれません。

鳥をチェック

車に乗ろうとして、鳥の糞がべったりついていると憂鬱な気分になりますよね。

鳥が来やすい環境か、通り道かどうかなどを事前に見ておくと、住んでみて洗車に困ることも少なくなりますし、そういった環境を避ければ鳴き声に悩まされることもなくなります。

土地を選ぶ際には鳥についても注意が必要ですね。