鳥のフンがボタボタと落ちてくる

鳥のフンは早めの対処を

以前にもトリがとまる電線は糞がおちているかも鳥のフンが落ちてきたと書きましたが、最近も鳥のフンが家の前の道路やコンクリートについていました。

それほどひどいものではなく、雨が降ると自然に流れて薄くなっています。今まで掃除をしたことはなく、車の上に落とされたら拭き取りますが、道路やコンクリートはそのままにしていました。そんなにたくさんあるわけでもなく毎日でもありません。たまに来て一気に落としていくのでしょう。

車についた鳥のフン

フロントガラスについた鳥のフンはカピカピに乾いていても水に濡らしたティッシュで綺麗に拭き取ることができます。(放置時間が長すぎると取れにくいかも)
細かいキズを気にするのであればやわらかいタオルが良いかもしれません。そして水よりもお湯のほうが取れやすくなります。ボディについた鳥のフンは、時間が経つと塗装が剥げてしまったようなシミになってしまう可能性があるので早めの対処が必要です。

車用の虫取りクリーナーは酵素パワーで鳥のフンも落ちます。

車は高速道路を走ると虫がぶつかって潰れたりしてしまうんですよね。夜間はライトに寄ってくるので前面ボディにビッシリ虫がついていることも・・・

車用クリーナーがコンクリートにも使えるのかはわかりかねますが、車もコンクリートも重曹を使用して掃除することもできます。コンクリートの場合は高圧洗浄機を使うのも有効なようです。コンクリートも放置したままにするとシミができるので、シミを残したくないなら早めに掃除しましょう。