隣の家の落雪を気にして家を建てる

近隣の家の落雪に注意する

今までそれほど気にならなかった落雪ですが、昨年車の屋根が自宅屋根からの落雪でへこんでしまってから落雪を気にするようになりました。
新潟市では屋根の雪下ろしをするほどの雪が降ることはあまりありません。しかし、一気に雪が大量に降ってしまうと、屋根にもたくさん積もります。

自分の家と隣の家との間がそれほどあいておらず、お互い建物を目一杯建てている家もよくみかけます。そうすると落ちる雪はどうなるのだろう?と疑問に思うことがあります。雪が落ちないように対策された屋根ではなく、隣接するところに落ちるように設計されているならば注意が必要です。そのような家はカーポートがあったりもするので、もしかしたらカーポートのあたりに落ちるのかな?と思ったりもしますが、あくまでも想像です。

我が家は雪が後ろの家に落ちないように両横の駐車スペースに落ちるようにしたことで、自分の車が被害にあってしまったのですが、後ろ側に落ちるようにしていたら、おそらく隣の家にぶつかっていたと思います。後方の家よりは境界線より建物を少し離して建てましたが、それでも破壊力のある雪の塊が落ちると何かしらの被害が生じたかもしれません。

実際に窓が割れたり、フェンスが壊れたり、物干し竿が曲がったり・・・隣接する家でのトラブルも起きています。家を建てるときは、自分の家の落雪対策を考えると同時に隣の家の落雪にも注意したほうが良さそうです。お願いして対策してくれるようなら良いですが、なかなか難しいことですからね。

落雪には家以外でも注意しましょう

お店や橋などで『落雪注意』という看板をたまにみかけます。落雪の恐ろしさを知ってから落雪注意の看板も気にするようになりました。

被害が物ならまだ良いほうで、落ちた下に人がいたら大変なことになります。子供にも雪が落ちてきそうなところは歩かせないようにしないといけません。