更地渡しの費用は売り主負担?

更地渡しと現況渡し

仮押さえした土地の上にはまだ建物が立っていました。契約成立後に建物を壊して更地にし土地だけ渡す『更地渡し』というものです。反対に建物も一緒に渡す『現況渡し』というものもあります。

更地渡しの費用は売り主負担でした。そうでなければ更地にする費用がどれだけかかるかわかりませんし、それなら土地がその分安くなければ買う気はしません。他の物件もみていると、古い家が建っていたり、駐車場だったりと、更地渡しの土地は意外と多いものです。

更地にしてしばらく売れないと草がボーボーになって荒れた土地になってしまいますね。更地の状態の方が買う方は全体見渡せたりイメージがつきやすいですが、売る方は売れる見込みがまだないうちは更地渡しの方がいいのかもしれません。

固定資産税が安いというメリットもあるかも?

固定資産税は建物が古ければ土地だけよりも建物がたっているほうが安いということもあるようです。空き家が増える理由で「固定資産税が家があった方が安いから」そして更地にしても過疎地では売れないからというようなことを聞いたことがあります。実際に知人にもそういった理由から古い家をそのままにしている人がいます。更地渡しにはそういう理由もあるのかもしれませんね。