ゴーヤのグリーンカーテンが失敗したのはなぜ?

グリーンカーテンで涼しく

グリーンカーテンは植物でつくる緑のカーテンです。窓の外にネットを張ってつる性のゴーヤ、きゅうり、朝顔などを栽培すると、ネットに絡みつくように成長していって自然のカーテンができます。葉っぱが日差しを遮って陰ができて涼しくなり省エネに繋がります。

ゴーヤを育てる

実家で数年前から毎年ゴーヤを壁で栽培してるので写真を撮ってきました。

goya_1

小さな窓のある場所でほとんどが壁なので、そこまでecoにはなっていないかもしれませんが、栽培自体を楽しんでいます。

goya_2

上のほうに小さいゴーヤが生っています。

ゴーヤは食べられるし、緑色の中に黄色い花が咲くので鮮やかですね。

よくみると紫の花があるのがわかります。これは朝顔。

ゴーヤの苗を6本植えたら、3本しかうまく育たなかったので朝顔を植えたそうです。

ゴーヤ栽培に必要なもの

写真を撮ったのは8月の終わり頃。

最初はゴーヤもまっすぐで大きいものが育っていましたが、そのうち小さくて曲がったものしか育たなくなりました。

その理由は『肥料不足』

肥料をやったのは最初の一回だけ。ゴーヤが大きい実をつけ続けるためには、肥料をやり続けることがとても重要で肥料が足りないと成長せずに小さいものしかつかなくなってしまうのです。

母がゴーヤやトマト、キュウリなどいろんな野菜を売っている農家の人にゴーヤが大きくならないと相談したら、肥料を何回もやらないとダメだと言われたそうです。肥料不足なら最初に大きい実がついて後からつかなくなったのも納得がいきますね。

来年は肥料を何度もやって大きな実をつけ続けてくれたらいいなと思います。