壁紙にセロテープで絵を貼り付ける

※ 当ブログでは広告を表示しています

子供は何でも貼りたがる

壁に貼っているもののほとんどは子供が貼ったものです。

カレンダーや時計は穴をあけてかけています。

子供は自分の作品や気に入ったパッケージを切り取ったものやシールなどなんでもセロテープで貼って壁に飾ります。

最初はやめてくれと思っていましたが、部屋中に貼るので最近では勝手にしてくれと思うようになりました。

これは1年以上はがれずにいる天井の鬼です。

oni_1

他にもこんな風に貼っています。

oni_2

これはまだマシな方で厚紙などは落ちてこないようにこの6,7倍くらいもっとベタベタに貼っています。

テープで貼ると壁紙が傷むのではないか?

一番気になるのは壁紙がテープと一緒にはがれてしまうのではないかということです。

今までテープで貼ってきて壁紙がはがれてしまったことはありません。

変色しているところもなさそうですが、壁紙の種類によっては傷んでしまうこともあると思います。

何年も貼り付けていれば、今後壁紙が傷んでしまうこともあるかもしれません。

以前住んでいたアパートの壁紙は貼ってはがせるフックを剥すときに壁紙ごとはがれてしまいました。

突っ張り棒で突っ張っていたら、重さで落ちてしまったときに壁紙が一緒にはがれてしまいました。

安い賃貸アパートでしたので壁紙はあまり質がよくないものが使われていたのかも。

そのようなこともあり壁紙によってはテープを短時間貼っただけでもはがれてしまうこともあるかもしれないのです。

心配でしたら壁紙に影響の少なそうなものを選んだ方が良いでしょう。

OPPテープは安い

セロテープと言いましたが、正確にいえばほとんどがOPPテープです。

セロハンテープよりも安価で100円ショップに5巻が1パックになって売っています。

大量に使うものだからOPPテープを買っています。

シールを貼るだけだとすぐにはげてしまったり弟にはがされてしまうので、シールの上からテープを貼ったりとにかくよくテープを使います。

壁紙用のはがせるテープ

最初からはがせるテープという商品を使うとセロテープよりは安心できます。

「はがせる両面テープ」


ただ長い年月使うと壁紙によっては傷んでしまう可能性もゼロではないかもしれません。

壁紙が心配なら極力壁にはなにも貼らない方が良いでしょう。