地域のプレミアム商品券に応募する

プレミアム付き商品券が販売

新潟では地域のお店応援商品券第二弾が発行される予定です。応募受付は4月26日~で、応募多数の場合は抽選となります。

プレミアム付きで10,000円が13,000円の商品券となり30%もお得です!

1人につき3冊まで応募することができます。

keikisyouhinken

第二弾は30万冊の用意があり、もし抽選になった場合でも当たる確率は低くはなさそうです。(期待も込めて)

ちなみに昨年の第一弾は10万冊発行予定で21万冊以上の応募があったようです。当初は10万冊を超える応募の場合は抽選ということでしたが、追加発行という措置で応募した方全員が引き換えできるようになっていました。引き換えのハガキを持って希望する郵便局で現金と商品券を引き換えました。

前回の抽選では・・・

抽選に当選した方は抽選に漏れて追加発行分の方よりも交換ハガキが一か月ほど早く届いたのですが、我が家は運が悪く、家族4人分応募したのに1人しか当たりませんでした。確率でいくと2分の1くらいだったのに、4分の1でしたね。それでも追加発行のおかげで30%の36,000円が家計の助けになりました。

この運の悪さで次も同じ結果だったとしたら・・・ちょっと心配ですね。

対象店で使う機会が増える

前回の地域のお店応援商品券では、原信やウオロク、チャレンジャーなど大手スーパーでは使えないところもありましたが、他のスーパー、ホームセンター、コンビニ、飲食店、デッキィ401などで使用できたので、余裕をもって使い切れました。少し高くても商品券が使えるということで対象のお店を使う機会が増えました。そうでないと地域のお店の応援になりませんし、お店を利用する良いきっかけになりますね。

応募は間違えないように

先着順ではないですし、応募期間も一か月ありますので慌てて応募する必要はありません。ですが、忘れないように早めに申し込んでおくとよいかもしれませんね。

お得な商品券の情報はニュースや新聞、市報にいがた等に載っているようなのですが、新聞をとっていない方で知らなかったという方も多いのではないでしょうか?まわりの友人も知りませんでしたし、私自身もこういう情報はいつも母が教えてくれるので、自分一人だったら気づかず応募もしていなかったと思います。

その母は前回の第一弾では父がインターネットで申し込みをしたつもりだったようなのですが、メール受信の拒否をしていたかアドレスを間違っていたか何かで正しく申し込みができていませんでした。インターネットでの応募の場合は受付完了メールが来て初めて応募したことになります。メールが受信できないと応募したことにはなりません。前回はハガキが届かず商品券が買えずにショックを受けていたので今回は失敗しないように意気込んでいました。母たちと同じようにメールが受信できずに応募できていなかった方もいらっしゃるかと思いますので、そこだけは気を付けましょう。