戸建ては雪置き場が必要になる

新築時は雪をどこに置くかも考えておく

雪が降って雪かきをするときには「どこに雪を集めるか?」ということも考えないといけません。玄関わきに雪を山にして寄せている家をよくみかけます。雪の置き場はなんとかなるといえば、なんとかなるものではありますが、ある程度雪の置く場所がないと、例年よりも大雪が降った場合に困ることもあります。

積んだ雪が道路にはみ出してしまうと、自分だけでなく、通行人や通行車両の迷惑になります。流雪溝という雪を捨てても良い側溝がすぐそばにあるならそちらに雪を捨てるのも良いでしょう。しかし、流雪溝がなかったり、そこまで運ぶには少し遠いというときもあります。そのようなときはやはり敷地内に雪の置く場所があると雪かきをするのが楽になります。

yukitumoru

カーポートがあると雪かきがラクになる

カーポートのあるとないとでは雪かきにかける時間をだいぶ短縮することができます。
今年のお正月は実家に行く予定があったのですが、大雪のため駐車場の雪かきが間に合わないという理由でやめることになりました。もしカーポートがあったなら、雪かきをするスペースも少なく労力もそれほど要らなかったはずなので行けたかもしれません。

とくに年齢が上がるにつれて体にも不調が出たりもして雪かきがより大変になってきます。高齢者の住む家は尚のことカーポートがあったほうが良いでしょう。カーポート分の広さの雪かきが必要なくなり、雪の置き場も小さくて済みます。