IHクッキングヒーターとガスコンロ

IHとガスコンロを比較

IHクッキングヒーターのメリットは火を使わないことです。ガスと違い火を使用しないため火事になるリスクが低く衣類に引火することがありません。火の消し忘れが起こりやすい高齢者にも安心です。フラットなので手入れが簡単で掃除がしやすいという面でも人気があります。夏場の調理中でも部屋が暑くならないのも良い点ですね。

一方でデメリットとして、調理器具を選ばなくてはならないという点があります。IH対応のフライパンや鍋でないと使えません。逆にIH専用でガスで使用できない物もありますが、ガスに対応しているものの方が多いです。ガスコンロからIHへ変更する際は調理器具のことも考慮しなければなりません。また、ガスは停電時も使用できますが、IHは電気がとまれば使えません。

料理好きな人が選びやすいのはガスコンロです。ガスコンロは中華鍋などをふりながら調理することが可能ですが、IHは鍋が離れると消えてしまいますのであおりが出来ません。

ご紹介したのは代表的なメリット、デメリットです。他にもそれぞれに良い点と悪い点があります。

IHキッチンが標準

イシカワの良質住宅NFの標準はIHクッキングヒーターです。一般的にも新しい住宅はIHの方が多いような気がします。
イシカワでは建売住宅を見学した際にIHコンロのことに気づきました。建売住宅を購入する際はコンロのタイプを把握する必要があります。これから建てる場合まだ工事内容の変更が可能ですが、建売住宅のように完成している住宅だと新たに工事が必要になります。特にIHからガスコンロに変更するとなると工事費が高額になるようです。配管工事が必要になるのが原因のようですね。

ガスコンロに変更

私たちの場合、使い慣れたガスコンロに変更してもらうことにしました。これはタカラのホーロー天板ガスコンロです。
一般的な金額はIHヒーターとガスコンロのどちらが高いのかはわかりませんが、イシカワでは標準設備がIHだったためガスコンロに変更すると総額が少々高くなりました。選ぶコンロのグレードによっても違うと思いますが、通常タイプの横60センチコンロで確か数万円程度だったと思います。

gasukonlo

よく考えてから決定しましょう

変更可能とはいえ、新築後に変更しようとすると費用がかかるのは確かです。どちらにするかで毎月かかる電気代、ガス代も変わってきます。メリットデメリットをよく調べたうえで生活スタイルにあったものを選ぶようにしましょう。