デッドスペースをなくす階段下収納

階段下を有効活用

二階に寝室や子供部屋があり、クローゼットが二階にあるというのが一般的に多い家です。一階はバス、キッチンがあり、リビングを広くとるためにリビングの隣の和室に押入れがついているだけで、一階は収納スペースがほとんどないという家も少なくはありません。

デッドスペースになりがちな階段の下に収納スペースをつくると物が片付いてスッキリします。

リビングにまっすぐな直階段をおいて、下にそれぞれの段にあう高さで棚を設置し、スペースを最大限に有効活用するという方法もあります。本棚にして本を置いたり、物を飾ったりすれば見せる収納でとてもオシャレです。また階段の段差部分が引きだしになっているという家もあります。

階段下収納

建売や住宅メーカーをまわり、階段下収納がある家の方が便利だと思い、設計の段階で階段下収納をつけて欲しいと要望していました。

そして出来たのがこの階段下収納です。

kaidanshitashuno_3

階段のすぐ横にあり、U字の折り返し階段なので曲がって二階へと上がる部分が収納スペースになっています。
階段については階段には踊り場が必要?でも紹介してます。

扉がついていてよくあるタイプ。高さと奥行きがあるのでたくさんものが入ります。階段下収納には掃除機や買い置きのトイレットペーパーや洗剤をおけるのでとても便利です。特に掃除機は場所をとるのですっぽり収納できるのが有り難いですね。

他にも

脱衣所が狭いという問題点を解決すべく、階段下収納に洗濯機を置くという方法もあります。その場合水栓が必要になったりしますので事前に施工業者と打ち合わせが必要です。
私も脱衣所の広さを失敗しました。ユーティリティがあれば解決するのでしょうが、建ててしまって狭かったという方はタオルや着替えなどを階段下収納に置くことも出来ます。

また、使わない家電を置いておくにも良いですね。小屋根収納は夏場特に暑くなる場所ですので、故障が心配な家電を置いておくのにも役立っています。このように階段下は様々な利用価値がある場所です。