段差で車のサイドステップが外れる

駐車場でも油断は禁物

先日、駐車場入り口の段差で車の横のバンパー、サイドステップというようですが、そちらが外れてしまいました。車が入れるように斜めになってはいたのですが、想像以上に段差が大きくてぶつかってしまったようです。車の入れないところに乗りあげて外れるならわかりますが、まさか車の入り口で外れてしまうとは・・・大きい駐車場だったのでもしかしたらトラック用だったかもしれませんね。

応急処置のガムテープは優秀

とりあえずはめて、すぐ近くのお店でガムテープを買い、しっかり固定して家に帰り、後日修理をすることになりました。ガムテープを使ったのは車に詳しい知人からアドバイスをもらったからです。たまに車のサイドミラーをガムテープで固定している車をみることがあり「走行中は大丈夫かな?」と気になってはいたのですが、サイドステップは思いのほかしっかり固定されていました。少し擦ってしまっただけで大きなゆがみはなかったので、はめることもできましたし、このようなときにはガムテープが役に立ちます。

サイドステップが外れたら無理やりとってはいけない

一度反対側のサイドステップが外れたときは無理やり取ってしまったので修理費用が数万円かかってしまいました。今回もそうだと思っていたら・・・なんと1,600円でした。
部品を交換するとなると、部品代もかかりますし数千円ではすみません。その場でなおすことはできず、部品を取り寄せるのに日にちもかかります。そう考えると、応急処置というのは必要ですね。今回のことでガムテープを車に積んでおくと役に立つのだなと思いました。