除雪車が通った後は雪壁ができる

記録的な大雪で駐車場から出れない人が続出

今年は例年よりも何倍も雪が積もったことにより、車を駐車場から出せない人、ハマってしまった人がたくさんいました。実家の近所でもそういう人がたくさんいたようで、実際に車を出すまでに2時間も雪かきをする羽目になりました。見かねた近所の方が3人雪かきを手伝ってくれたそうです。こういうときに手伝ってくれる人がいるのはとても有難いですね。高齢になってきて身体も以前ほど動かなくなってきており、雪かきをするのは身体的にきつくなってきました。あとから気持ちのお礼をしたようですが・・・本当に大変です。

大通り沿いでできた雪壁のせい

仕方がないことなのですが、除雪車が道路を除雪した後には横に雪の壁ができます。それが入り口をふさいだりもして、普通に積もる雪よりも、除雪車が通ってできた雪の壁を壊す方がよほど大変なのです。

実家は道路沿いにあります。二車線でそれほど広い道路ではありませんが、それでも除雪車が通った後の雪壁がすごかったようです。他の道路沿いの家も車を出すのに大変苦労していました。大きな道路沿いに駐車場の入り口を設けると、普段の駐車はしやすくなりますが、その一方で除雪車が通った後にできる雪壁で苦労することもあります。また除雪車が駐車場の入り口に雪を置いていくわけではないのですが、ちょうど小路から出てきて真っすぐ家のフェンスに寄せるようにして雪を置いていきます。それもあって雪の壁が厚いようです。

除雪車が通らなければ道路状況が悪くなるため、除雪作業をしてくれている方々には感謝しかありませんが、家を建てるときには除雪のことも考えて駐車する位置を決めましょう。