外出自粛生活はマイホームの方が過ごしやすい

新型コロナウイルスで戸建ての良さを実感する

新型コロナウイルスの影響で家にいる時間がいつもよりも増えた今、過ごしやすいのは賃貸アパートよりもマイホームだと思います。戸建てはやはり広いので、子供の遊べるスペースも広くとれますし、階段の上り下りをしたり、部屋の中や廊下を走り回ったりできます。これが賃貸となると、お互い様なのかもしれませんが、いつもよりも騒音が気になります。

またコロナ離婚が増えたといわれています。経済的な問題や家事分担の不満など理由は様々ですが、ずっと夫婦で一緒にいないといけないということも原因の一つにあるようです。一人の部屋がなく、一人の時間がつくれないとなると、息が詰まるということがあります。戸建てならお互い干渉しないこともできますが、賃貸でお互い仕事もリビングでしかできないというような場合は、一日中一緒にいないといけません。そのような面からみても、戸建てや何部屋かある物件が過ごしやすいといえそうです。

部屋に鍵をつけるのもいい

我が家も夫がしばらく在宅勤務の時期がありましたが、家にいてくれて助かる部分もありましたが、子どもが夫と遊びたがるのを仕事の邪魔にならないように部屋に行くのをとめるのが大変だったり、なにかといつもよりも面倒でした。

もし、遊びたい盛りの子供がいてテレワーク・在宅ワークをする場合は部屋のドアに鍵をつけたほうがいいと思います。子供は家にいると暇でジャマしたくてしょうがないので、強制的に部屋に入れなくした方が手っ取り早いのです。夜勤などで子供との生活リズムがずれている方も鍵をつけると睡眠を邪魔されずに済むかもしれません。ただ、鍵をつけてしまうと万が一部屋の中で倒れてしまったことに気づかなかったり、気づいても鍵を開けるのに時間がかかったりする可能性があります。