新型コロナウイルスの影響でオムツが品薄で買えない!

買い占めが相次ぎ不安が募る

新型コロナウイルスでマスクが品薄になりました。その後、まさかトイレットペーパー、ティッシュ、生理用品、オムツまで品薄になるとは・・・・

紙製品はどれもないと生活に支障がでるものばかりです。マスク増産で紙製品がになるというデマが出回って、それを信じた人たちが買うことによって起きた品薄のようですが、本当に品薄になっています。トイレットペーパーは「お1人様1個まで」という購入制限がされているドラッグストアがありました。生活必需品が本当になくなってしまって必要な時に買えないのは困ります。

オムツの買い溜めは難しい

送料無料条件やクーポン使用条件を満たすためにオムツは箱でまとめ買いしています。とくに増税前は普段と比べたら安いのかよくわからないのに、周りに流されて買わないといけないような気がしてまとめ買いをしていました。そのオムツがまだ少し残っています。

オムツはサイズアップの問題があり、まとめ買いが難しいものでもあります。肌が敏感な子はオムツが原因でおむつかぶれを引き起こすこともあり、どのメーカーのオムツが合うというのは試してみないとわかりません。

3歳の就園前の子はトイレトレーニングの拒否をしてしまい、結局オムツがはずれていません。4月になって園に通うようになったら先生と一緒に家でもトイレトレーニングをすすめていきたいと思っています。2、3歳くらいになると、オムツに対しても色々いうようになり、オムツの適用体重の半分くらいでまだまだ履けるだろうにキツイと言い出したので大きいサイズを緩めに履いています。体型によっても違うので本人でないと履き心地はわかりませんが・・・子供は間違いなく成長するのでせっかく買っても成長が早いと無駄になることがあるため、そんなにたくさん買い溜めができません。

極端に買いすぎたら良いことがない

みんなが必要以上にまとめ買いをするとこのような大変な事態になってしまいます。いつでも買えるという安心感から、常に家には少ししかストックしていない人、使っているものが無くなってから買う人もたくさんいます。

この品薄騒ぎがオイルショックと似ていると話題になっており、さらにオイルショックのときに買い溜めたものが使い切れていないという人たちがいるらしいのです。どんだけ大量買いしたのでしょう。オイルショックは40年くらい前ですし、当時から長い間使い続けても使い切れない量のものを買うというは凄すぎます。金銭的にも余裕があったから買ったのだと思いますが、劣化で使えなくなって無駄になったものもあるようですので、人に迷惑をかけてさらに勿体ないことをしています。

結局、我が家で新型コロナウイルスの騒ぎで品薄になってから買ったのはトイレットペーパー1袋だけです。ちなみにいつも買う安いお店のオムツは売り切れていました。もうしばらくしたら無くなってしまうので次再入荷したら買うつもりです。ただし、こんなに需要があるとセールしてくれなそうですが・・・他と比べて高い値段をつけているお店のオムツは残っていますし、無くなったら少し高くても買えばいいのでなんとかなります。心配性でまとめ買いする傾向があるので、人のことはいえませんが、早く騒ぎが落ち着いて人々が買い占めをやめて普段の生活が戻ってほしいですね。

キッチンペーパーが無くなりそうだったのに買い忘れていて、いつもよりも使う量を抑えています。節紙なんて言葉があるのかないのかわかりませんが、買えるまでいろんな紙類を節約しているので環境には優しいかもしれません。