建売住宅でも早めの契約で自分好みの家になる

外観の変わらない家が隣

建売住宅を探していると、家の外観が同じような家が二軒並んでいたり、三・四軒続いて並んでいたりというのをよくみました。大きさや色が全く同じ見た目のときや、外壁やドアの色を変えて少し違うときもありました。

同じ住宅にするとコストが抑えられます。私もイシカワを選ぶ前に建売戸建てを探していましたが、建売住宅の中には相場よりも価格が安く抑えられている家がありすごく魅力的でした。建築会社がまとめて土地を購入して分割するので新しい家が一気に建ちます。引っ越し時期も同じくらいになりますし、新しく越してきた者同士で仲良くなれるかもしれません。見た目が同じ家だったら間取りもほとんど同じことが多く、建売住宅は一般的に住みやすいように考えてつくられているので生活しやすい間取りになっています。

建築前に購入すれば自分好みにできるかも

建売住宅は建築途中にすでに売りに出していることがあります。建築前に『〇月完成予定』として広告が入ることもあります。
私が見学した建売住宅は外壁は違うものの、同じ形の家が二軒並んでいて、一軒はすでに人が住んでいたのですが、建築途中でここに決めるということになりキッチンの仕様や壁紙などを好みのものにできたようです。早めに決めることで注文住宅のように自分の好きなようにできるのはすごく良いですね。このように建売住宅であっても建築会社によっては完成前であれば少し融通がきくことがあるかもしれません。しかし、変更ができない部分もあると思いますので、どうしても譲れないところは契約前に確認しましょう。