土地の高さを高くしないといけない理由

土地の高さ

家を建てるときに土地の高さは隣に揃えるか、それよりも少し高くした方がいいとアドバイスを受けました。

その理由はこちらをみてもわかります。

〈自転車置き兼物置〉

tuchi

隣の家の土が雨の日に流れてくるのです。

高くするのには水がたまるのを防ぐという理由もあります。

これでも土地の高さは同じくらいに揃えて貰ったのですが、残念ながら流れてきます。

私の家は駐車場のコンクリートを敷いた部分なので余計に目立ちます。なぜか自転車を置くこの場所だけやたらと土がたまります。

(写真を撮った日は台風の直後でしたので、土だけでなく葉っぱも飛んできていました)

土が流れてくる理由

隣の家の土地をみてみると、高さがあります。私の家も建てる前はイシカワさんから土地が高くなっていると言われました。お互いに土が流れ込まないように、水がたまらないようにと配慮した結果の土地の高さなのかもしれません。

これは「高くしてくれ」と言わなかった私たちのミスです。打ち合わせでは「高くしなくていい」とまで言っていました。

隣の家は境界線の辺りの土留めブロックまで高さいっぱいの土がたっぷりあるのに対して、私の家はコンクリートなのでその分高さも少し低くなっています。それに加えて強風だったり、雨の影響を受けて流されてしまうのでしょう。

対策が必要

このように周りの家の状態も把握して土地の高さを決めておかないと、土が流れてきて困るという事態が起きるかもしれません。盛り土はお金がかかりますが、不安があれば施工業者とじっくり相談するのをお勧めします。

私の家も土と土だったらそんなに気にならなかったかもしれませんが、コンクリートにしてしまった結果こうなりました。土留めをもっと高いものにする、土嚢を置くなどの対策をとれば防げるかもしれません。