リビングの窓から見えるのは隣の家の壁

リビングの窓は南につけるもの?

建売住宅を見学していて疑問に思ったことがありました。
リビングの大きな窓(掃き出し)が南につけられている家が多いというところです。一般的な間取りで南向きの家なら当たり前の事かもしれません。しかし、北向きの家のリビングの窓も南についていました。新興住宅地で家が密集していて隣の家との間がそれほどあいていないのに、リビングの窓が南についています。窓をあけて見えるのはすぐ隣の家の壁です。

隣の家との間があいていて庭が設けられるようなら問題はないのですが、すぐ壁となるとあまり大きな窓がある意味がないような気がします。ちゃんと建築士が設計された住宅なので日当たりや光が入りやすいようにを考えてあるのだとは思いますが、好みの問題ですね。

プライバシーの観点から

プライバシーを気にする人はリビングからみえるのが壁の方がかえって都合がいい場合があります。誰もが通る道路ではなく誰も通らない場所。お隣さんがたまに外に出ることはあってもほとんどないでしょう。人に見られるのが嫌だからと日中でもカーテンを閉めているような方にはよさそうです。セールスが来ても居留守を使えそうですね。
また、南向きの家が大抵窓を南につけているので北向きの家が同じように道路に面する方に窓をつけると向き合ってしまい、カーテンを開けると気まずいということがあります。当初見学した後に、北向きの家でもリビングの窓を北につければ目の前が道路だし、自分の家の駐車場が見えたりするくらいでいいんじゃないか?と思いましたが、よくよく考えてみるとそこが難点です。

イシカワではありませんが、ある注文住宅を見学した際にそれほど隣の家との間隔が狭い家ではなかったのにもかかわらず、窓という窓が全て曇りガラス(型ガラス)になっているのをみて驚きました。普通の透明のガラス窓が一枚もありませんでした。もちろんリビングにも窓はなかったです。きっと施主はプライバシーの保護を何より気にする方なのでしょう。ただ、リビングに大きな窓が無くても、光が入るようにとリビングの上の方に横に細長い小窓があったりと、考えられた設計のお宅でした。
こういうこともありますから、リビングの窓はむしろなくてもいいものなのかもしれません。

二階リビングという手も

リビングに大きな窓をつけたい、人目を気にせずに窓を開けたいという考えであえて二階にリビングをもっていくという方法もあります。人が頻繁に行き来するお店や駐車場が隣にあり人がどうしても気になる場合にも良いですね。隣の家の窓は気にする必要がありますが、家の向きも気にせず窓を配置できます

建売でもこういう住宅はありました。お風呂場もキッチンも二階で寝室や子供部屋が一階という一般的な住宅と一階、二階のつくりが入れ替わっている住宅です。ただ、水回りが二階だと水漏れが不安という方もいると思います。実際に実家が二階に水回りがありメンテナンスしないでいたら古くなって水漏れを起こして下の階が水浸しになりました。メンテナンスをきちんと行えば防げるところではあります。
二階リビングのメリットは何より開放感ですね!

窓は大事

建売住宅を買うときは窓の配置も気にしましょう。通常は隣の家や近くの建物を考慮して建てられているかと思われますが、規格住宅で決められた間取りを当てはめただけだと光が入らない、風通しの悪い家の可能性もあります。しかし、プライバシーや防犯上の面からあえて窓をなくすこともあります。