自遊自材に別の枕カバーをつける

枕カバーは頻繁な洗濯が必要

西川のオーダーメイド枕『自遊自材』を購入し、その日はちょうどサービスデーで2,000円くらいの枕カバーがついてきました。

パイル地のやわらかい枕カバーです。

makuracaver_1

あるお店で「枕カバーは肌着と同じで毎日洗濯しましょう」というように書かれているのをみて衝撃を受けました。そんなに頻繁に洗濯は必要ないと思っていました。毎日といかなくても数日に一回、夏場は汗をかいたらその都度洗濯したほうが良さそうです。

枕カバーよりも簡単に枕を清潔に保つのに枕パッドタオルを枕の上におくという方法もありますが、厚みがあるのでせっかく枕の高さを合わせたのに少し寝心地が変わってしまいそうですね。枕カバーを頻繁に替えるというのがベストなのでしょう。

手頃な値段の枕カバーを惜しみなく使う

西川の専用枕カバーは値段もよくそんなに何枚も買えず、綿の枕カバーの方が欲しかったので他のお店や通販サイトでいくつか枕カバーを購入しました。

その中で一番安くて惜しみなく使えたのはこちらのイオンのまくらカバーです。

makuracaver_2

定価は1,078円ですが、セールで330円になっていました。

43㎝×70㎝のまくらなので少し余りますが、問題なく使用できます。値下げを何回もしていたみたいで赤札シールが3、4枚貼られていました。このサイズの枕カバーはもう数が少なくなっていましたが、店舗によってはまだあるかもしれません。小さいサイズは残っている店舗が多かったです。

他の枕カバーも後日紹介します。