新型コロナウイルスの影響で入手困難なパストリーゼ77

安全性の高い「パストリーゼ」

アルコール除菌が品薄になっていますが、それよりもさらに入手困難なのが『パストリーゼ』です。パストリーゼは食品にもかけられることができるというのが大きな特徴です。果物にかけて防カビに、お弁当、お刺身にもかけて鮮度を維持できるということで、以前から注目を集めていました。そして掃除にも使えるというので気になってはいたのですが、500mlのスプレーボトルが約1,000円するので、使わなくてもなんとかなるかも・・・と思って買わずにいました。

しかし、新型コロナウイルスで状況が変わりました。ウイルス予防に使えて1,000円ならむしろ安い!!

パストリーゼはアルコール濃度77%で純水を使用。さらにカテキンを配合していて除菌・抗菌効果があります。

安全性が高く、手ピカジェルや消毒用エタノールが品薄で手に入らずに手指の消毒として使っている方もいるようですね。実際に使用してみたら、なんの問題もなく使えました。ただし、他のアルコール消毒と同じようにアルコールに弱い方は注意が必要です。

pastryse

買えたのはドラッグストア

パストリーゼはドラッグストアの『マツキヨ』に売っていました。残り3本だったので、とても運が良かったのだと思います。欲しい人が大勢いるので、入荷情報が出るとすぐに売り切れてしまいます。入荷情報や通販で購入できるサイトをずっとチェックしているくらいでないと購入は難しそうです。新潟は休業中ですが、ロフトで買えたという方もいるようですし、ドラッグストアだけでなく普段から置いていた雑貨屋さんで買えたりもしているようです。

掃除に使うと抗菌効果が続くようなのですが、今はもったいなくて食品や手指に使うことが優先で掃除には使えません。手指や食品に使ってみた感じがとても良く、今後また手に入るなら欲しいですね。同じように新型コロナウイルスが収束してもパストリーゼを愛用し続ける人が増えそうです。