和室とリビングは引き戸で仕切る

和室に開き戸はあわない?

和室といえばに障子戸というイメージがあります。最近の和室は畳だけで襖や障子戸がないのもありますね。しかし、開き戸の和室はあまりみた覚えがありません。リビングのすぐ隣の部屋が和室になっている家では扉は引き戸で仕切られています。

washituto

これはイシカワ新潟西展示場の和室です。扉は引き戸ですね。琉球畳ともとても合っています。琉球畳についてはこちら
リビング側からでも和室側からでも、どちらから見てもこういうシンプルな引き戸だと違和感ありません。

リビングの一部が和室になっている場合はカーテンで仕切れるようになっている場合もありますね。和室がリビングより少し高い位置にあり段差をつけて区別している家もあります。

襖は趣があるが、費用がかかる

襖は両面に紙や布を貼ったものをいい、最近の家だと先ほどの展示場のような貼らずに木だけの戸の方が多い気がします。木だけだと手入れがラクで紙を替えたりする費用もかかりません。襖の紙は使用しているとシミなどの汚れが目立つというのが難点で、定期的に交換しないといけません。しかし、襖の絵は松や花の植物や鳥などの動物、風景だったりと様々で好みのものを自分で選んで変えることができるので楽しいですね。子供部屋にもいいキャラクターものも出ています。