パナソニックの加湿器に互換品の加湿フィルターを使用する

洗い替えに互換品のフィルターを購入

Panasonicの加湿器に使用しているフィルターの汚れが気になり新しいフィルターを購入しました。こちらは互換品です。

kasituki_filter_1

純正品に比べると網目が大きくなっています。サイズ的にはピッタリ。

kasituki_filter_2

実はこのフィルターを購入したのは二回目になります。今使用しているフィルターの洗い替えにもう一つ購入することにしました。

フィルターは10年間使用できるということですが、綺麗なまま10年間使用できるかというとちょっと難しいのでは・・・と個人的には思います。こまめに水をかえたりフィルターを洗っていればそのくらい持つのかもしれません。

最初に使用していた純正品のフィルターはクエン酸で洗ってみたのですが、あまり吸水しなくなっていたのでこちらを購入しました。何回か洗えばまた使用できるのかも。その後、互換品も汚れてきたので追加で購入した次第です。

手洗い後は乾かさずに使用可能

本来なら加湿フィルターは洗った後に乾かさなくてもそのまま使用できるので洗い替えは必要ありません。しかし、お手入れをさぼってしばらく洗わずに放置しているとヌメリがでてきたり、変色してきたりして、そうなるとしっかり洗いたくなります。フィルターを乾かそうとすると、洗濯機で脱水することもできないので普通のタオルと違ってなかなか乾きません。

ただし長期間使用しない場合はしっかり洗って乾燥させる必要があります。乾燥機は縮んでしまうので避けましょう。

互換品は安い

純正品に比べると互換品は価格が安いというのが一番のメリットです。互換品で同じような役割を果たしてくれるなら互換品を選んで必要な時に値段を気にせずに買い替えたいところです。

加湿器にとってフィルターは重要

加湿器にとって加湿が十分にできるかどうかはとても重要です。吸水しなくて加湿ができないのであれば加湿器の意味がないですよね。
互換品でも加湿器の役割は果たしますが、心配な方は純正品を購入するのをおすすめします。純正品は安心して使用ができます。