雪かきでスコップが割れてしまいました

スコップは劣化する

雪かきをしている途中にスコップが割れてしまいました。プラスチックのスコップですので、きっと劣化して割れやすくなったところにかための雪で止めをさしてしまったのだと思います。

scoop

他のアルミ、ステンレススコップも使っていくうちに錆びてきてますし、やはり劣化していきます。

除雪用品は欲しい時に手に入らないときがあります。

雪が降り始めてくると、人々は除雪用品を出し始めますが、そこで去年のものが使えなくなっていて新しいものを購入したり、新たに買い足したりするので一時的に品薄になります。前にもスコップがどこにも売っていないことがあった覚えがありますが、今年もこの大雪でスノーダンプやスコップが売れて品切れしたようです。

もう雪も溶けてきましたし、今日ならもうスコップを置いているかとホームセンターをみてきましたが1つもありませんでした。

予備があると安心できる

こういうことがあると、スコップやスノーダンプは予備や多めに買っておくのも良いのかなと思います。例えば今回の大雪ではスノーダンプがないと雪かきに物凄い時間がかかっていたとでしょうし、スコップだけでは雪が多すぎてすぐには動かせる状態ではありませんでした。雪かきの最中に壊れてしまったら困りますし、あとで買いに行って売り切れていたらしばらくないまま過ごさなければいけません。先日はプラスチックのスコップが壊れてもステンレスのスコップがあったのでなんとかなりました。使用しなくても劣化してしまうのが問題ではありますが、それでも予備があると安心できますし、数があれば大勢で同時に作業することができます。