新型コロナウイルスの影響をうけての住宅ローン破綻が懸念されている

収入が減っても住宅ローンは払い続けないといけない

新型コロナウイルスで収入が減っている人が増加しています。住宅ローンを組んで家を建てた人のほとんどが、こうなることは全く想定していなかったと思います。先日、テレビをみていて「会社から業績悪化で夏と冬のボーナスが出ないといわれています。このままでは住宅ローンが返済できず家を手放さなくてはいけません。」というような相談が寄せられていました。マイホームを手放すのはとても辛いことですし、本当に人生が変わってしまいます。住宅ローンの猶予措置もあるようですので、返済が難しくなるなら金融機関や相談窓口に相談しましょう。

我が家もボーナスがなかったらローンが払えなくなる

我が家も建物はローコスト住宅で安くおさえていますが、土地代が高かったので、新型コロナウイルスの騒ぎの前から月々の住宅ローンの支払いが重くのしかかっています。イシカワの担当者の方に「(収入からするとローンが大きくて)ちょっと土地が高すぎる」と言われていました。それでも便の良さから今の場所を選んでしまったのですが・・・こうなることがわかっていたら、別の土地にしていたかもしれません。

今のところボーナスがどうなるかわかりませんが、もし、ボーナスが出ないなんてことがあるなら、住宅ローンが返せなくなります。住宅ローンの返済をボーナス払いにはしていませんが、月々の支払いの足りない部分をボーナスでまかなっているので、ボーナスが出なければ生活が成り立ちません。家の売却は他人事ではありません。今後の住宅ローン金利の動きも気になるところですね。

家をこれから建てようと考えている方で新型コロナウイルスの影響がある、今後影響が出てきそうな仕事をしている方は収束するまで慎重になったほうがいいですね。