住宅ローン 土地を変えると銀行審査やり直し

土地には担保価値がある

『一度住宅ローンの仮審査が通ったのなら、前と借り入れ金額が同じならどの場所に家を建てても仮審査は通ったことになるのではないか?』

そう考えていましたが、それは違いました。土地はそれぞれ価値が違うので家を建てる場所が違えば土地の担保価値も変わるのです。したがって、一度審査がとおったからといって、別の土地でもう一度審査をしてみると次も必ず審査にとおるとは限りません。

住宅ローンを申し込む順番は

仮審査(事前審査)

本審査

となります。

いきなり、本審査へ進むことはできず、まず仮審査を出してみなければなりません。

土地を変えたらもう一度仮審査から

【私の場合】
気になっていた建売住宅で仮審査を出してみると、その審査はとおりました。しかし、まだその建売住宅に決定していたわけではありません。候補には入れていましたが、家の場所が求めていたところではないので決めかねていたのです。そもそもローン自体の審査がとおるのかどうか先に出してみようと考えました。
前記事住宅ローンの審査がとおらないと家が建てられない

そして、イシカワの住宅をみて建売住宅よりは予算オーバーするものの、探していた土地で家を建てられることがわかりイシカワに決めることとなりました。

最初の建売住宅の土地とはもちろん違う土地です。土地が変わったため、建売住宅の仮審査をさげて、もう一度新しい土地、家の見積もりをとって仮審査からやり直しになりました。

土地が決まれば金額が多少変わっても本審査から

土地を変えると仮審査からやり直し、土地が同じなら建物だけかえて総額が変わりローンの金額が変わっても本審査から受けられるかも

仮審査で出した住宅の見積もり書はイシカワから出してもらったものですが、まだ詳しく話ができていない段階で住宅のプランが全て決定していたわけではありません。一般的な住宅にかかる基本のものをつけたざっくりとした見積書です。しかし、オプションを追加していくと金額も上がりますし、借入予定金額よりも大幅に少ないと、万が一仮審査がとおっても、本審査で金額アップによって落ちてしまったということがないようにと、最初の見積もり書でおおよそ借りたい金額になるようなものを用意してもらいました。

その後のイシカワとの打ち合わせでは基本のプランから要るものを足して、要らない物を減らしてというようにしていきました。
どこに建てるのかが決まって、仮審査がとおれば多少融資金額が変わっても仮審査からやり直しにはならず、本審査から受けることが出来ました。
その際、銀行は「保証はできないけれど、あなたの年収ならいくら位までなら融資はとおりますよ」というアドバイスを電卓をはじきながらくれました。

オプションなど細かいことはまだ仮審査の申し込み時点では決まっていないという方も多いと思います。金額に多少増額・減額の変更があったとしても土地の担保価値が仮審査でわかるから、変更後の金額で仮審査からやり直しになることなく本審査から進めることもあります。※大幅な借入額変更の場合は再度仮審査が必要になるかもしれませんし、銀行によっても違うようです。

おおよその見積もりで先に仮審査を出して、本審査には最終的な見積書、契約書を出すのが手続きもスムーズです。