引越で住所が変わったら転居届を郵便局に出す

郵便が届かないということがないように

アパートから戸建てに引っ越しをして、やらなければいけない手続きはいくつもありますが、郵便局への転居届も忘れてはいけません。

郵便局へ転居届を出すと、旧住所に届いたものを新しい住所へ一年間転送してくれます。
転居届について

年賀状のために転居届を出そう

引越したことを『転居報告ハガキ』を送って知らせる方法もありますが、私の場合はそこまでする律儀な方は1人しかいませんでした。さらにそのハガキは新築したハウスメーカーが用意してくれたのだとか。

頻繁に連絡を取り合う仲であればLINEで知らせるということもできますが、そうでなければ住所が変わったということはとくに伝えることもありません。今まで何人か引越して住所が変わったという方がいましたが、いつも年賀状をみて「住所が違っている」と気づくのです。

引越報告をしないのなら転居届を出すのを忘れてはいけません。転居届を郵便局に出しておかないと、旧住所に送られた年賀状は差出人に戻ってしまいます。年賀状が戻ってくるというのはなんだか切ないものですよね。相手の方にも失礼ですし・・・

引越してから最初の年賀ハガキは「引っ越しました」と年賀状での転居報告をしましたが、よくみていなかったり、何年か前の年賀状をみて書いたり、年賀状ソフトの内容を変えていなかったりしたのか、まだ旧住所で転送されてくる年賀状が何枚かあります。それをみると、もう1回は転居届を出さなくてはいけないなと思います。これまで2回転居届を出しました。転居届は一年後の転送期限がきても継続というかたちをとれません。もう一度同じ内容で転居届をだすことによってもう一年転送されるようにできるのです。転居届の回数はとくに決まりがないようですので何回でも出せそうです。郵便局ではパソコン、スマートフォンから登録できるe転居というサービスもありますので、引っ越しをした人は転居の届け出を忘れないようにしましょう。