浄水器の水は自動製氷に向かない

浄水は菌が繁殖しやすい

水道水の塩素には殺菌作用があり、野菜などのビタミンを分解してしまったり、カルキ臭の原因になったりしてしまいます。浄水器の水は塩素などを取り除くことにより飲み物や食べ物がより美味しくなります。

しかし、塩素を取り除いたことで浄水は菌が繁殖しやすく、腐りやすいという欠点があります。

冷蔵庫の自動製氷機に浄水を入れると、タンクに菌が繁殖してカビが発生してしまうこともあります。そのため水道水の方が自動製氷するには向いています。

同じように雑菌が繁殖しやすいということから加湿器の水にも浄水は適しません。

水道水と浄水は使い分ける

私も最初は冷蔵庫や加湿器の取扱説明書をよく読まずに浄水を使用していました。浄水のほうが身体によいものだと思い込んだからです。しかし、きっかけがありそれが間違いだと気づくことができました。快適な暮らしのためには水道水と浄水の上手な使い分けが必要です。

ちなみに先日紹介したホースですが、偶然浄水器と同じメーカーでした。浄水器は「みず工房」というタカギの蛇口一体型浄水器を使用しています。水道水と浄水の切り替えがスイッチ一つで、定期的に蛇口のカートリッジを交換すればきれいな浄水の水が飲めます。

浄水器の詳細はこちら

jyosuiki