外壁にいつの間にかキズがついていた

外壁の傷

新築後、しばらくして外壁に傷がついているのを発見しました。場所は駐車場の横なので、車のサイドミラーで傷ついたのでは?と推測しています。

gaiheki

削れて中の白い部分がみえています。

キズに気づいたときにサイドミラーを確認しましたが、特に傷ついた様子もなくぶつかった覚えもなかったので、もしかしたら来客で来た車がこすってしまったのかもしれません。

上にも白い部分がありましたが、それは削れたのではなく汚れのようでした。

本当はこの削れた部分は補修材等で補修したほうがよいのでしょうが、そのまま何もしていません。断熱には問題はなさそうですが、防水の面からみたらしっかり補修したほうが得策なのかもしれません。

外壁の工事は何年後?

外壁は一般的に10年ほどで塗装工事をしたほうが良いといわれています。(外壁の種類や環境によって違います)

外壁が劣化してしまうと、雨水が下の木材まで侵入してしまったり、家全体の寿命も短くしてしまいます。

家を建ててしばらく経つと、劣化が目立つようになり外壁の訪問販売も来るようになります。新築住宅の保証が確か10年だったので、そのころにハウスメーカーに工事の相談もすると良いですね。