道路沿いの家の悩み

人通りが多いと困ることもある

人通りの多い道路沿いの家は、騒音以外にいくつか困ることがあります。
散歩コースになっていると、犬のフンを家の前にされることがあります。飼い主が処分しないで放置したら、そこの家の人が処分する羽目になりますね。また、酔っ払いが嘔吐して吐瀉物がそのままになっていることもあります。車通りの多い道だと、ゴミを捨てられることもあります。壁に落書きをされることもあるかもしれませんし、車に引っかき傷をつける人もいるかもしれません。

実際に人通りがわりとある家に住んでいるときに家の前に犬のフンがあったことも吐瀉物があったこともありました。汚いものですし、気分が悪いですね。
前を走っている車がゴミの入ったビニール袋や空缶を捨てたり、たばこを捨てたり、唾やガム?のようなものをペッと吐き出したりしてるのをみたこともあります。ポイ捨てされたものが家の敷地に入ったり、家のすぐ前だったら自分で捨てるしかありません。車は子供のいたずらかもしれませんが、知人がコインのようなもので傷をつけられて困っていました。

先日、道路の端に犬のフンがありました。飼い犬が脱走することも稀にありますし、犬以外の猫などの動物の可能性もあるかもしれませんが、たぶん犬だと思います。飼い主にはマナーを守って散歩してほしいですね。そういえば、秋から冬にかけて猫にフンをされて困っていましたが、春になってから一度もフンはありません。猫がどこへ行ったのか謎ですが、被害が無くなって一安心しています。道路沿いの家は街灯があったり防犯上のメリットも多いですが、たまにこのような嫌なこともあります。