二階に洗面台は必要?

あると便利な二階の洗面化粧台

新築住宅をみていると、二階に2つめのトイレがある家はとても多いですが、二階に二台目の洗面台がある家はそれほど多くありません。一階に浴室、洗面台がある家ならば、洗面台は一階にあるだけというお宅をよくみます。洗面台が二階にあるととても便利ですが、どうしても場所と費用が必要になります。

大家族であれば朝の忙しい時間に支度が重なってしまい、待っている時間が余計にかかったりして遅刻しそうになってしまうかもしれません。洗面台が二台あると同時に二人が使用することができるのでスムーズです。また、床掃除やトイレ掃除のときにも洗面台が二階にあるというのは便利です。

イシカワ新潟西展示場の二階の洗面台

20180201senmendai

イシカワの新潟西展示場の二階にはまるでお店のようなオシャレな洗面台がありました。ボウルは四角で台は木製。フローリングやドアの色ともとても合っていました。
鏡が壁に直接貼り付けてあるのでスペースも最小限にとどめています。二階に大きな洗面台があると圧迫感を感じることもありますが、こちらだと自然ですね。

我が家の場合

洗面台をつけることは全く考えていませんでした。核家族ですし、洗面台は一台で十分です。洗面台をつけるとなるとまた何万円も追加でかかり、スペースも必要になるし、考えられませんでした。確かにあった方が便利だとは思いますが、展示場以外に建売住宅では二階の洗面台みたことはありません。

実家は大工さんにすすめられて二階に洗面台をつけました。脱衣所に置く洗面台の少しだけ小さなタイプです。子どもが泊まりにきたときにあると便利だと言われたからです。普段両親は一階で暮らしており二階はほとんどいきません。実際、子供が生まれて里帰り中は二階の洗面台が大活躍しました。生まれたばかりのあかちゃんのおむつ替えは一日に10回以上あり、そのたびに何度も何度も手を洗わなくてはいけません。二階の部屋に泊まるとすれば、一階までわざわざ手を洗いに行くのは大変です。夜中のおむつ替えでは手を洗うために移動している物音で寝ている家族を起こしてしまう場合もあります。慣れない育児に寝不足で疲労困憊の状態で階段を上り下りするのも危険ですし、二階に赤ちゃんを泊める予定があるのなら洗面台はあると便利です。

また、親戚がたまに泊まりに来ることもあり洗面台は役に立っています。大家族であったり、家族以外が泊まりにくることが多いのであれば洗面台はあった方が良いかもしれません。