ヒノキヤグループのパパまるハウスZ空調(ゼックウチョウ)が快適

パパまるハウスのZ空調住宅をみてきました

パパまるハウスもイシカワと同様ローコストな注文住宅をつくれるハウスメーカーで、桧家グループに入り『Z空調』という新時代冷暖システムを家づくりに取り入れています。

Z空調は一年中、家のどこにいても快適な温度で過ごせるというのが何よりの魅力。

一般的な住宅はリビングや各部屋の暖房をつけている場所は暖かくてもトイレや浴室の温度は低く寒いままです。この温度差をなくそうというもの。Z空調は斎藤工さんがCMをしていることでも話題となっています。

新築を検討している友人がパパまるハウスの見学会へ行くというので一緒についていきました。

あたたかく快適

寒い外に対して家の中はとても暖かく快適でした。室温がわかるように部屋の隅に置いてある温度計はすべて22度以上になっていました。

玄関を入ると天井に埋込型のエアコンが設置されており、和室やリビングの壁についている吹出し口のルーバーからあたたかい空気を送り込んでいます。脱衣所の上にモーターがあり、お風呂にもあたたかい空気が行き渡り、同様にトイレ、廊下もあたたかいのです。

同じエアコンを使用していてもルーパーで風向きや風量を調整し、部屋ごとにそこで暮らす人にあった最適な温度に調整することができます。

Z空調では24時間エアコンをつけっぱなしにすることが基本で、夏や冬は外出中でもエアコンはつけたままにします。いつ帰っても家の中が常に快適な温度というわけです。エアコンの必要のない気温が20度くらいの春、秋では消すこともあるようですね。

気になる費用

導入コストが高い全館空調、第一種換気システムですが、パパまるハウスのZ空調はそこまで高くないのだそうです。
「24時間つけっぱなしでエアコン代は大丈夫?」と心配になりますが、月々の電気代も安いのだそう。この空調システムがあれば床暖房は必要ありませんね。まさに新時代のシステムだと思いました。

ちなみにZ空調の家は第一種換気で24時間換気を機械で行うタイプでエアコンを切っても24時間換気は運転しています。私たちの家の換気システムは第三種換気という壁に給気口が空いていて費用が安く一般的に多いタイプです。

第三種換気についてはこちら

見学してみて

Z空調はあたたかい上に乾燥もなく空気が綺麗だと感じました。そして埋込型のエアコンとルーパーは見た目もよくスッキリとしていました。友人はZ空調をとても気に入っており、パパまるハウスは有力候補のようです。

イシカワでは費用を抑えることをメインに話を進めていただいたので全館冷暖房システムの話はでなかったのですが、第一種換気システムも取り扱っていたので相談すればZ空調に近いものはあったかもしれません。しかし、やはりコスト面で私たちは断念せざるを得なかったと思います。

今回感じたことは家を考えているなら冬に見学するのも良いということ。寒さに対する性能を実感することができますね。

また、時間のある限りハウスメーカーの見学会に参加するのがオススメです。なぜなら選択肢を広げることが理想の家を建てることに繋がるからです。最初からひとつに絞ってしまっては勿体ないです。ハウスメーカーにはそれぞれ力を入れている部分があり、注文住宅なら他メーカーの気に入ったこだわり箇所を取り入れることができるかもしれません。