お風呂場がリビングの側だとあたたかい

リビングの側にお風呂場がある家

リビングとお風呂場が直結していると、扉をあけておけば浴室内を簡単に暖かくすることができ、脱衣所と風呂場の温度差によるヒートショック対策になります。

イシカワではWORLDシリーズのユーティリティのある家もリビングのそばに脱衣所やユーティリティがありました。
以前見学したパパまるハウスZ空調の家はキッチンの後ろが浴室になっており、扉の上にモーターがついて暖かい空気を送れるようになっていました。

リビングから浴室までの間に廊下がないと暖房効率がよく経済的ですね。

隙間風の問題

しかし、その反面、お風呂場から隙間風が入ってくることも。換気のために窓を開けたのなら尚更冷たい風が室内に一気に入ってきます。
こういうときはドアに隙間風対策を施すと改善するかもしれません。

廊下があるとお風呂場が寒い

私の家はお風呂場からリビングまでの間には廊下があるため隙間風は感じませんが、お風呂場まで暖房は行き届かず特に脱衣所はとても寒いです。しかし、浴室暖房乾燥機の暖房機能をつけることで寒さはだいぶ和らいでいます。暖房機能をつけてつけてすごくよかったと感じています。

全館床暖房を導入したのならきっと脱衣所も暖かいのでしょう。

家を建てる前に住んでいたアパートは、ワンフロアでリビングから脱衣所は扉もなくカーテンしかなかったので、部屋全体の暖かさにおいてはとてもよい住まいでした。その暮らしに慣れていたので一軒家の脱衣所の寒さは想像以上のものでした。
もし、アパートやマンション暮らしだったり、リビングのそばにお風呂場がある暖かい家に住んでいたりするならば、同じように寒さの想像ができないかもしれません。家を建てるときには暖房のことをよく考える必要がありますね。