LED照明は埋め込み型

LEDは照明器具と一体型

いまや一般的になってきているLED照明
寿命が長く、蛍光灯よりも電気代が安くて省エネになります。LEDは導入コストは高いですが、長い目でみれば節約になるとされていますね。

住宅の照明はLEDの埋込型が普及しています。照明器具と一体型になっているので交換するときはLEDだけというわけにはいかずに照明器具ごと替えることになります。交換目安は約10年。LEDライトの寿命がくる頃に交換となります。照明の打ち合わせ時に交換は業者に頼むことになると言われたのですが、自分で交換できるならその方が安上がりです。

東芝LEDシーリングライト

イシカワで建てた家の照明は「東芝のLEDシーリングライト」です。

syoumei_1

syoumei_2

リビングと各部屋に一つずつあります。

明るさは十分で眩しいくらい。

機能充実リモコン 寝る時にも便利!

リモコン式だと寝る時に横になりながら電気を消せますし、起きた時にすぐにリモコンに手を伸ばして電気をつけられます。
このリモコンそれだけでなく機能がとても充実しています。

syoumei_3

△ボタンで光色と明るさが調節できる

光色は青色の白色~黄色の電球色・昼光色までシーンに合わせて変えられます。
眠る1時間くらい前からオレンジ色(黄色)の光にした方が寝つきがよく睡眠状態にスムーズに入れると言われていますし、明るさも細かく調整できるのでとても良いです。日中の照明は白色で明るく、夜は落ち着いた電球色にしたいというどちらの要望にも対応できるようになっていますね。

リモコンチャンネルで他の部屋の照明に影響なし

このリモコンは同じシーリングライトなら共通なのでどこでも使えます。ただし、問題点があり、リビングの隣の同じシーリングライトをつけた部屋のライトを消そうとピッとリモコンボタンを押したら、リビングが消えてしまったということがありました。この問題は下のリモコンチャンネルの設定をそれぞれ1と2とわければ同じ角度でリモコンを使っても影響しません。

リモコンホルダーはつけた方がいい

リモコンを紛失しないように付属のリモコンホルダーは壁に木ネジでとりつけました。リモコンホルダーがあればリモコンを紛失する恐れがないし、邪魔にもなりません。リモコンホルダーにリモコンをさしたままでもピッピッと明るさ調整できました。壁スイッチがONになっていないと点灯はしないことだけご注意ください。

壁スイッチだけでも単純な点灯はできます

壁スイッチは約一秒以内にONとOFFを繰り返して押すと、全光点灯 → シーン点灯 → 常夜灯点灯と変わります。シーンに普段使う明るさを記憶させると、リモコンでシーンボタンを押すだけですぐにその明るさにでき、リモコンがなくても壁スイッチだけで変えられます。

他にもおやすみタイマーで徐々に暗くなる設定ができたり、機能はかなり充実しています。