レバー式の蛇口が子供のおもちゃでも当たり前になる

キッチンも洗面も全て蛇口はレバー式

住宅では蛇口はひねるものというより、レバー式のものが多くなっています。我が家もキッチンと洗面化粧台はレバー式です。
水栓がレバーで良い点は、汚れた手で蛇口を掴まずに水が出せるというところ。手のひらが汚れていたら、汚れていない手の甲を使ってレバーをあげれば水が出てきます。ひじとか他の部分を使っても水が出せるのが良いですね。水をとめるときも簡単です。

こどものおもちゃをみていたら、キッチンのシンクはレバーのものばかりでした。家のキッチンと同じようになっているのですね。ちょっとレトロなキッチンセットだと蛇口のものもあるみたいだけど、レバー式が多くて驚きました。

こどもちゃれんじのおもちゃもレバー水栓

こどもちゃれんじを毎月受講しています。

これは1~2歳向けの『こどもちゃれんじぷち』のエデュトイです。

shimajirokitchen_1

「なりきりキッチンセット」のシンクとコンロ

シンクはもちろんレバー

shimajirokitchen_2

上にあげると

shimajirokitchen_3

「ジャー」っという音がして、水色のものがペロンと出てきます。

shimajirokitchen_4

音が水を出しているときの音だし、本当に水を出しているみたい。

しかも、これの面白いのが、レバーをあげて水を出しっぱなしにしていると「水がもったいないよ!」としまじろうが注意してくれるところ。

フライパン(深いのでお鍋のよう)、フライ返し、お皿、にんじん、ブロッコリー、ハンバーグ、たまごもついていて、ボタンを押すと「ハンバーグジュージュー♪ニンジンジュージュー♪~」と楽しい歌が流れます。

男の子ですが、このおもちゃはよく遊んでいました。『おままごと』というと女の子の遊びのような気がしていましたが、男女関係なくて発達にも大事な遊びです。

こどもちゃれんじはしまじろうと楽しく「挨拶」「はみがき」「トイレ」などの生活習慣を学べて、「出かけるときは帽子をポンっ」「出かけるときは手をつなごう」というのもしまじろうの真似でやってくれるので助かりました。

こどもちゃれんじの資料請求はこちらから

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ