靴は二階に置いておいた方がいい

地震の時は靴を履けるように

もしも地震などの災害が起きた時に避難用のリュックに食料や水などを用意しておくと良いといいますが、も用意しておかなくてはいけないものです。

もしものときにすぐ靴が履けるように二階(寝室)に一足常備しておくと良いです。地震が起きて、ガラスが割れたりしてしまったときに裸足で家の中を歩くのはケガをしてしまうので危険です。玄関にいけば靴があるとしても、玄関まで行く途中でガラス片で足の裏をケガしてしまうかもしれません。靴を履くことで防げるケガがありますね。寝室にスリッパがあったとしても、スリッパよりも靴の方が底がしっかりしているし、脱げにくいので歩きやすいですね。

履きなれた古い靴を部屋の中に置いておくのに抵抗があるなら、予備の新しい靴を置いておくのもいいと思います。たくさん歩く場合は履きなれたものが靴擦れもせず良いかもしれませんが、少し歩くくらいだったら新しいものでも問題なさそう。ただし、新しい靴の場合は靴ひもを調整してすぐ履けるようにしておく必要はあります。