水道管の凍結予防

水道が凍結すると大変なことに

昨シーズンは寒波の影響で気温が低くなり、水道管が凍結して水道局に相談する人がたくさんいました。私も知り合いの家が水道管が凍結してしまいました。我が家は日中も大体人がいるので凍結するということはありませんでしたが、家を留守にしていると凍結することがあるようです。新築だからといって必ずしも凍結しないわけではありません。

暖かくなって水が自然に出るようになるのを待つのもよいですが、水道管の凍結でこわいのは水道管が破裂してしまうことがあるということです。水は氷ると膨張しますが、水道管の中で膨張して圧力をかけ続けた結果破裂してしまうのです。破裂すると家具が水に濡れてしまうという被害が発生したり、流れ出た水で水道代が通常よりも高くなったり、修理費用もかかります。水道代は全額が請求されずに減額されるケースもあるようですね。

水がないと日常生活にも影響がでます。水が出ない場所にもよりますが、キッチンで水が出ないと水道水が飲めず、料理もできず大変不便です。ペットボトルの水を購入したり、人から水を分けてもらわなくてはいけません。

水道管が凍結してしまったら・・・

水道管が凍結して自分で何とかしようとするなら、ドライヤーであたためたり、タオルを巻いた上にお湯をかけるという方法があります。しかし、水道管が凍結したとわかった時点で業者を呼んだほうが確実です。昨年は水道局に電話をして相談したら業者を紹介してくれたようです。ただあまりに凍結した家が多くて対応を待たなくてはならないことも・・・

水道が凍結しないようにする対策として、水を抜いたり、わざとチョロチョロと少しの水を出すという方法もあるので、寒い日はそうした対策をとるとよいでしょう。