床暖房がないと石油ファンヒーターが必要に

新しい家でも石油ファンヒーターを使う

高気密住宅で石油ファンヒーターを使用すると結露しやすいという欠点があります。今の新築戸建ては、高気密住宅で床暖房を入れていて暖房はエアコンを使用するというスタイルの家が多いように思えます。

前記事 高気密住宅では灯油ファンヒーターは使えない?

築10年も経っていない家に住む友人と先日暖房の話をしたときに初めて友人の家も床暖房がないということを知りました。最近周りで家を建てた人は皆揃って床暖房ありにしていて床暖房のない家は珍しかったので驚きました。

話を聞くと友人宅では冬は石油ファンヒーターとホットカーペットを使用しているということでした。エアコンだけだとどうしても冷えてしまうと言っていました。確かにその通りです。我が家は石油ファンヒーターを使用する予定でしたが、子供が小さくて動き回って危ないのと窓の結露が気になり、昨年はエアコンだけで過ごしました。部屋はどうしても足元が冷えて床暖房の家に比べたらだいぶ寒いもののなんとか冬を越せました。

24時間換気システムを使用しながら、結露防止の対策もすれば石油ファンヒーターも問題なく使えそうです。今後は石油ファンヒーターを使ったほうが暖かく過ごせそうです。

ポリタンクはどこに置く?

石油ファンヒーターを使用するときには灯油ポリタンクを置く場所を考えなくてはいけません。我が家は土間収納に置くつもりです。

意外と困る灯油ポリタンクの置き場所でもまとめています。

touyuponpu

灯油ポリタンクは蓋つきのものを選ぶとにおいが漏れにくく、自動停止機能つきのポンプだとうつすときに楽です。