窓ガラスの断熱と結露防止テープ

窓ガラスから冷気がくる

寒さの厳しい冬になると、窓ガラスが冷たくなりそこから部屋が冷えてきます。窓際はとても寒い状況。古い一軒家では障子を閉めていても関係ないくらい冷たい風を感じていました。アパートでは窓に断熱性のあるプチプチを貼って寒さ対策をしていました。

窓ガラス用のものは梱包用に使われるプチプチと違い、特殊なポリシートで両面にフィルム貼りしてあり、プチプチ間に空気を閉じ込めることで断熱効果を発揮します。断熱性だけでなく結露防止の効果もあります。

窓に貼るタイプのプチプチ以外にもカーテンレールに取り付けるだけで冷気を防ぐライナーもあります。

窓からの冷気を防ぐと電気代や灯油代の節約に繋がりエコ対策になりますね。

カビ予防に結露防止テープを貼る

新しい家の窓はLow-Eエコガラスで通常のガラスより断熱性のあるもので触っても今までの窓のようにヒヤっとする冷たさはありません。

Low-Eエコガラスについてはこちら

しかし、結露はします。暖房はエアコンを使用して結露しやすい灯油ストーブは使用していないのですが、それでも結露はして窓は拭かないと窓についた水滴でタオルで拭くとびっしょり濡れるほどです。

結露防止には窓ガラスの下の方に結露給水テープを貼ると水滴を吸収してくれます。水滴がカーテンにつくとそこからカビが発生したりしてしまうので結露予防は健康のためにもなります。