新居には新しい布団を購入

新築には新しいものを

寝室はベッド派と布団派に分かれます。注文住宅であれば布団で寝るからと畳にしたり、ベッドを置くことを考慮した部屋のつくりにしたりできます。

寝室も狭いのでベッドを置くという考えはなく布団にしようと考えていました。布団だと動かすのも簡単で子供がゴロゴロ転がりまわって布団から落ちても段差がないのでベッドよりは安心だと思います。実際にもう一歳すぎから大人用の布団で寝ていますが、布団からはみ出して別のところにいること多いです。

新しい家に引っ越すときは布団も新しいものにしたくなります。ダニやカビ等の衛生面のことも気になってきますし、敷布団は新しいものに変えました。以前は湿気の多いアパートだったので余計に気になるものがありました。掛布団ももっと暖かい新しいものが欲しいと言っていたのをせっかくなら新居に引っ越してからと一年我慢してから買いました。

新生活では新しいものにしたほうが気持ちがいいです。

今なら15%offのキャンペーン中です ↓

敷布団は指定のゴミ袋に入らないので粗大ごみとして出しました。細かく切ってゴミ袋に入るようになれば燃やすごみとしても出せます。他のアパートの住民が引っ越しする際に椅子やテーブルなど家具も大量に出していました。もしかしたら県外に引っ越していったのかもしれませんが、引っ越しは不用品を処分するいい機会になります。