夏のカーポートは日よけになる

カーポートのメリット

カーポートがない場合と比べてカーポートがあると、直射日光を防いで車の中の物の劣化がしにくくなり、車内が暑くなりすぎません。

屋根があることで天気の悪い雨の日の車の乗り込みや荷物の出し入れも濡れずに行えます。

車の冬のカーポートはが車に積もるのを防いでくれるので、大雪が降ったときに車の上の雪を落とし、さらに落ちた雪や前後左右の雪をよける雪かき作業をしなくて済むというメリットがあります。

子供の遊び場に

カーポートが日陰になるので夏の暑い日に子供が外で遊ぶときにも役に立ちます。夏の保育園では外に黒い布のようなものをテントのようにはって日陰をつくるようにして熱中症予防をしていました。家でビニールプールを出すのも日陰の方がよさそうです。

また雨の日にカーポートでボールで遊んでいる子供をみて、そういう使い方もあるんだなと思いました。飛び出しには十分注意しないといけませんが、どうしても外に行きたいというときにそういう使い方もできますね。

カーポートがつけられないので

ここまでカーポートの良いところをのせてきましたが、残念ながら我が家にはカーポートはありません。家を建てた後からカーポートをつけようと思いましたが、駐車場の横幅や配管の位置でカーポートをつけることができませんでした。詳しくは前記事

カーポートがつけられないので、サンシェードなどで直射日光を防ぐしかありません。
カーズのサンシェードなら子供も喜びそうですね。