ドアストッパーがつけられないことが失敗

ドアとドアがぶつかる

二階の部屋で失敗したのはクローゼットの扉と入口のドアが勢いよく開けるとぶつかってしまうことです。

クローゼットを開けっ放しにするとぶつかります。

doastopnashi_2

最大にあけるとぶつかります。

doastopnashi_3

これは部屋を少しでも広くしたくて隣の部屋と交互になるようにクローゼットを配置したのが原因です。他の住宅をみてクローゼットをずらすとその分少し部屋も広くなることに気づきそのようにしてもらいました。

見学した住宅との違いは小屋根収納への固定階段で、小屋根収納をつけたことにより固定階段の面積が増えて隣の部屋のクローゼットを奥にして階段や扉と重ならないようにしたところ先ほどの部屋の扉が問題になりました。固定階段がなかったなら階段のことも考えずに隣の部屋のクローゼットを手前に持ってくることもできたかもしれません。

ドアストッパーはなし

ドアストッパーは写真の部屋だけつけていません。物干しとぶつかるかもしれないというアドバイスを受けてドアを部屋の内側に開くようにし、ドアストッパーなしにしましたが、物干し側と反対に開くようにつけたなら、物干し竿とのあたることもなかったのでそうすればよかったのかなとも思っています。実際に建ってみないとやはりイメージはできませんが・・・

ドアがぶつかってしまうということはよくあることです。特に注文住宅の場合あれこれリクエストするとこうなってしまうかもしれません。
一階は全て引き戸にしたのでぶつかる問題がなくて快適です。詳しくは引き戸のメリットとデメリット