小屋裏収納は夏の温度上昇に注意

小屋裏収納にエアコンは必要なのか

小屋裏収納は屋根裏のスペースを利用した収納で高さは140㎝未満という制限があります。固定階段をつけると三階に行くような感覚なので行き来しやすくとても便利な収納です。しかし欠点もあり屋根裏収納ともいうように屋根に近いので夏はサウナのようにとても暑くなります。

イシカワ新潟西展示場の小屋裏収納】

koyane

エアコンを設置しているので夏も快適に過ごせそうですね。冷たい空気は下に行くので小屋裏収納にエアコンを設置して冷やすと家の中の温度が全体的に下がるという考えもあります。

電化製品は収納しないほうがいい

エアコンを設置し、常につけている状態ならば収納するものに気を付ける必要はないかもしれませんが、そうでなければ熱に弱い家電製品などを収納すると壊れる恐れがあります。
私の家は小屋裏収納はつけましたが、エアコンは設置していないので夏はとても蒸し暑くなり窓を開けても涼しくはなりません。

元々家電を収納するつもりではなかったのですが、実際に住んでみると本当に暑くなり衣類や本などを収納するスペースだと実感しています。一階よりも二階、二階よりも小屋裏収納の温度が高く家の中で最も暑い場所です。

小屋裏収納は収納といってもちょっとした寛ぎの空間としての使い道もあります。そういう場合はやはりエアコンの設置は欠かせませんね。